TFT/HRV/エネルギー心理学

ワイヤレスセンサーを認識しないとき

2018年2月6日 no comment

初めに「Buy Sensor」と表示されて、センサーが認識されないときやセンサーを1回や2回使用した後に「No Sensor Found」と表示され、センサーが認識されないときには、エラーコードが出ます。

iOSデバイスの場合:

センサーを外して再度挿入する。
プラグ挿入口辺りまでカバーがある場合、しっかり挿入されていない可能性があるため、カバーを外して挿入し直し、エラーコードが消えたら、デバイスを再起動します。

アンドロイドの場合:

センサーがオンで、デバイスともアプリとも接続認識されているかを確認して、アプリをスタートさせてください。下の方の▶︎をタップして、記録をスタートさせるとセンサーを探知し始めます。

注)iOSの古いタイプのデバイスで、30ピンの変換アダプターを使用中の方は、アップルの純正品でないと正しく動作しないことがあります。非純正品は、充電用だったり、通信が双方向ではないものが多いので、ご注意ください。

Buy Sensor or No Sensor Found error codes

Feb 13, 2017

On occasion, you may see “Buy Sensor” displayed if the sensor is not detected when first used.
After the sensor has worked once or twice, if it is not detected you will get the “No Sensor Found” error code displayed.

For iOS devices, the resolution is the same for either error code:
Remove and reconnect the IBT connector.
Remove any cover from the device and reconnect the IBT connector, if the connector is not fitting well or you are still getting the error code. Re-start the Device.

For Android devices:
Make sure that you bond the Bluetooth sensor with the app and not the device and the sensor power is turned on prior to opening the app. Open the app and tap the Start arrow to begin scanning for the sensor.

PLEASE NOTE: If you are using a Lightning Adapter on an older iOS device, make sure the adapter is a genuine Apple product.

Most third party adapters are for charging only and not two-way data transport.

  • Share :